中性脂肪減らす方法カテゴリの記事一覧

犬の基準値

犬にも中性脂肪がたぶん存在しますね。

いつも私は犬を見ていますが、結構ブヨブヨしてるような気がします。

でもスタイルがいい犬も存在しますが・・・私は、スタイルの犬のそばに寄れませんので、なぜなら追いかけられそう(噛みつかれそう)と言ったイメージがあるからですよ・・・!

犬といえばブヨブヨと言ったのが近くに寄り付きやすいですね。

犬の場合は、人間と違って高脂血症によって動脈硬化などがおこることはありません。チョット羨ましいしいですが・・・!

でも犬糖尿病や、その他の内分泌疾患などでコレステロールが持続的に高値を示す病気はあるみたいです。一部を除いて病気はあるみたい。犬は自分で訴えれないからかわいそう。

犬の中性脂肪値は、基準値は350までみたいで、仮に食事の後のイヌでしたら、500程度でも全然驚かないということです。へーすごいなーと感心するばっかりです。

犬も人間同様中性脂肪値が著しく高い場合は、やはり食事や運動などで少しコントロールした方がいいのかもしれませんね!

でもやっぱり相手が犬となればコントロールは人間がしなくてはという責任があります。

低いなんて羨ましい・・

私の友人でとても素晴らしい友人がいます。中性脂肪が低く、コレステロールが高いんです。中性脂肪が低くてもコレステロールが高いのでは?うん?って感じです。

ちょっとですが調べてみますと実は(善玉)や,(悪玉)濃度は見方を変えると,それぞれ総コレステロール濃度に含まれる割合を表していると考えることができるみたいです。

この友人の場合は、善玉が基準値より高値を示したということは、普通の人より善玉コレステロールの占める割合が多いと考えることがあできるみたいでやっぱり私自身はうらやましいですね!!

でも友人は中性脂肪が低いのは、低さは採取前に食事を取るとらないでかなり数字に差が出てくるみたいです。

私は、朝はご飯を食べていきませんが、友人に朝ごはんを食べるか聞くとだべないよ答えが戻ってきました。おそらく採取時にある意味栄養失調状態ではないかと思います。

たぶん病気とかの心配はなさそうですね!中性脂肪が高い私には羨ましい限りの話です。

努力で下げよう

この前の健康診断で中性脂肪値が結構高かったです。

中性脂肪を下げるには運動をするのがいいのですが、仕事柄運動する機会が無く、ジュースがすきですが糖分をあんまり取ってはいけないと控え目にうる?ウォーター(水)を飲んでます。

中性脂肪といえば解りやすく言うならば、余剰カロリーでありこの余剰のカロリーを蓄積していくと大変なことになります。(いろいろな病気が合体して起こる危険があるようなきがしましす。

社会人になって車やエレベーターなど快適な環境になれてしまっているせいかエネルギーの使用が減り、中性脂肪が増える一方です。

中性脂肪を少しでも減らす努力をしないといけませんが、まず自分でできそうなことは、詰まり余剰カロリーを減らす事。

簡単に言うと食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足を解消する事です。なかなかこの素晴らしい社会で生きていますと難題かと思うぐらい難しいですね。

でも中性脂肪をすこしでもなくすためには少しずつ努力も必要ですね。